MENU

所長の熱血ブログ

相続税

2019.10.03

中小企業の事業承継・株主実務

事業承継をする前に会社の株主の把握をしていないと、会社が乗っ取られてしまうなどの 思わぬ事トラブルが起こるかもしれません。     これを未然に防ぐためには事前に ◎株主の確定 ⇒[…続きを読む]

2018.12.28

平成30年7月豪雨に係る調整率表

平成30年7月豪雨により、被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 不動産を相続・贈与した場合には、相続税や贈与税等がかかる場合があります。 この場合、その税額の基準になる価額が、国税庁が[…続きを読む]

2018.11.11

航空機リースを使った節税

普段意識することは少ないですが、中小企業の株式にも相続税がかかります。 中小企業の株式の株価は、配当や利益や純資産などをもとに計算しますが、その中でも、利益は株価に大きな影響を与える計算要素となってい[…続きを読む]

2016.12.15

相続時精算課税の改正

平成27年1月1日以後の贈与から、贈与税の改正がおこなわれています。 その一つに、相続時精算課税の適用範囲の拡大があります。 贈与者及び受贈者の範囲が次のように拡大されました。 1.贈与者(あげる人)[…続きを読む]

2016.11.16

遺贈か贈与か

『土地をA(法定相続人)が相続し、売却する。  その対価となる現金は被相続人の妹(相続人以外)が受け取ること。』 と裁判所で開封された遺言書に書かれていました。 この場合、被相続人の妹の申告はどうなる[…続きを読む]

2015.05.08

遺言書の種類について

遺言書にはいくつかの種類があります。 形式としては、普通方式によるものと特別方式によるものがありますが、 一般的には普通方式により作成します。 以下に普通方式による遺言書(3種類)の特徴についてまとめ[…続きを読む]

2014.02.18

教育資金の一括贈与について

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、 祖父母から孫に対して教育資金に充てるための金銭を まとめて信託銀行、銀行、証券会社に信託をした場合には、 孫一人あたり1,500万円(学校等以[…続きを読む]

2013.07.30

相続税の申告状況

平成27年から増税される予定の相続税。 では、現在の申告の状況はどうなっているのでしょうか? いったいどれだけの人が、どれだけの税金を納めているのでしょうか?   この点につき、国税庁が平成[…続きを読む]

2013.05.19

広大地の研修に行ってきました。

去る平成25年5月16日、 メルパルク岡山において 税理士の和田啓一先生による 「広大地の適用要件を検証する」 と題する研修に行ってきました。 広大地評価とは相続税評価において、 三大都市圏以外であれ[…続きを読む]

2013.03.20

教育資金1500万円までの贈与特例

教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置が本年4月1日からスタートします。 もともと、「扶養義務者相互間の贈与は非課税」となっていることもあって、 効果は限定的ではないかと思います。 しかし、相続対[…続きを読む]

pagetop