MENU

お役立ち情報

支店の登記は必要か?

法人が本店とは別に支店を作った場合、法務局への登記は必要なのでしょうか?

支店と言っても、規模は様々です。

大きな建物を構えて営業する場合もあれば、単にコワーキングスペースを使う場合や、一時的に間借りするような場合もあるでしょう。

 

・会社法上の支店を設置するためには、取締役会の承認を受けたうえで、法務局への登記申請が義務付けられています。

 

・ただし、本店の管理下で営業する一拠点であれば、支店を登記する必要はありません。

 

・法人住民税は、登記の有無にかかわらず、課税されるか否かの判定が必要です。

法人住民税は、資本金の規模によります。

資本金が1000万円以下の法人では、都道府県に対して年間で約21,000円、市区町村に対して約50,000円となっています。

 

お問合せはこちらからどうぞ

お問合せはこちらからどうぞ

関連記事

pagetop

086-255-3200