MENU

お役立ち情報

廃業したら返金?(事業再構築補助金)

令和3年3月1日、
事業再構築補助金のよくあるお問い合わせが更新されました。
Q31~Q39が追加されました。

Q39では、

事業計画期間内に事業を継続できなくなった場合、補助金の返還が求められるのか。

との問いに対し、

残存簿価相当額等により、補助金交付額を上限として返還を求める予定です。

とのことでした。

どう読み取ればいいのでしょうか?

「事業を継続できなくなった場合」とは、

廃業解散、その事業主にとってのその事業の撤退等が想定されます。

 

「残存簿価相当額等」とは、

例えば、設備を買ってきた金額から、その設備の減価償却費を控除した金額

のことを言うものと考えられます。

 

つまり、設備投資をした以上、まだ価値が残っている設備は、その設備の価値相当額の金額は返金してもらう予定です。

ということかと思われます。

お問合せはこちらからどうぞ

お問合せはこちらからどうぞ

関連記事

pagetop

086-255-3200