MENU

お役立ち情報

「借方と貸方」の簡単な覚え方

確定申告の時期がやってまいりました。

青色申告で複式簿記で記帳していくにあたって、「借方(かりかた)と貸方(かしかた)」を理解していく必要があります。

今回は「借方と貸方」の簡単な覚え方を2つ紹介したいと思います。

まず、一つ目。

「かりかた」の「り」の払いが左を向いているので・・・借方は左側

かしかた」の「し」の払いが右を向いているので・・・貸方は右側

と覚えるのがおすすめです。

 

そして、二つ目の覚え方ですが、

右利きのキャッチボールをイメージしてください。

左手でボールを受ける・・・入ってくるものを左(借方)へ

右手でボールを投げる・・・出ていくものを右(貸方)へ

イメージで覚えると、理解しやすくなるかと思います。



ぜひ、ご活用ください。


関連記事 ↓
「借方と貸方」の意味

お問合せはこちらからどうぞ

お問合せはこちらからどうぞ

関連記事

pagetop

086-255-3200