経理担当者の育成 - 澁谷税理士事務所

お問合せ

TEL 086-255-3200

会社と社長の支えになる経理担当者の育成について

経理担当者に求められる事とは?

澁谷典彦

経理担当者には、毎日の会社の会計状況を把握し、その時々に必要な対応をする事が求められます。

私ども税理士は、定期訪問の時や経理担当の方からのご連絡を頂いた時に最新の会計状況がわかりますが、それまでの間、経理の方が会社の状況をきちんと把握して下さっている会社は、社長・経理・税理士の連携が取りやすく、より良い経営判断ができるようになります。

そこで、澁谷税理士事務所では
・会社の状況をどのように理解、把握すれば良いか?
・会計事務の知識のつけ方や理解の深め方
・会計業務の確実な処理
について定期訪問時を中心に経理担当の方にご指導し、お客様の経営をサポート致します。

経理担当の方へお伝えしたい事

源泉徴収義務者と源泉納付

会社や個人が人を雇って給与を支払ったり、税理士、弁護士、司法書士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払いの都度、支払金額に応じた所得税及び復興特別所得税を差し引くことになっています。法人でも個人事業主やその他の団体[…続きを読む]

2017.05.15カテゴリー:スタッフブログ, 所得税, 経理担当の方へ

国税のクレジットカードによる納付について

平成28年度税制改正において、国税の納付手段の多様化を図る観点から、国税のクレジットカード納付制度が創設されました。これに伴って、平成29年1月4日から従来の現金や銀行口座からの納付に加えて、クレジットカードでの納付が可[…続きを読む]

2017.01.18カテゴリー:スタッフブログ, 所得税, 法人税, 消費税, 経理担当の方へ

減価償却費の見積もり計上について

減価償却費の見積もり計上についてお話します。 経理担当者に求められるものの一つとして「現在の自社の状況把握ができていること」があげられます。 実務においては突発的な取引が起きたり起きることは分かっていても、正確な金額が把[…続きを読む]

2016.07.26カテゴリー:スタッフブログ, 法人税, 経理担当の方へ

均等割の納付について

設立後に本店所在地とは別の市区町村で事業を行う場合の均等割についてです。 複数の市区町村で事業をしている場合、事務所または事業所のある市区町村に申告納税します。 もちろん均等割も納付することになります。 法人設立時に事務[…続きを読む]

2014.11.21カテゴリー:スタッフブログ, 法人税, 経理担当の方へ

所得税率の引き上げ

【2013年5月4日】現在所得税の最高税率は40%となっています。これに住民税10%と平成25年から始まった復興特別所得税を合わせると、税率は50.84%となります。 これが平成25年度税制改正により、平成27年分以後の[…続きを読む]

2013.05.04カテゴリー:経理担当の方へ

もっとみる

Copyright(c) 2015 岡山の税理士【澁谷典彦税理士事務所 All Rights Reserved.