MENU

所長の熱血ブログ

海外不動産による節税①(概要)

2019.01.17

不動産投資の効果の一つとして、減価償却の活用による節税が挙げられます。

これは、海外の建物は日本の建物よりもマーケット価格が下がりにくいことと、

日本の所得税法上、不動産収入の所得よりも不動産譲渡の所得の方が税率が低くなる場合があることを利用した方法です。

 

まず、不動産所得についてです。

海外の不動産を購入した場合でも、日本の居住者であれば国内・海外の区別なく減価償却を活用することができます。

つまり、購入した海外不動産の建物部分を法律で定められた耐用年数で配分して日本で費用計上することができるということです。

建物の減価償却費に加え、管理費や補修費、住宅ローンの建物分への金利なども不動産所得から差し引くことができるようになり、税務上の不動産所得を大幅に圧縮することができます。

また、不動産所得は給与所得など他の所得との損益通算が可能です。

そのため、仮に不動産所得が赤字の場合、他の所得と合算され総所得は少なくなります。

所得税・住民税は総所得に対してかかるため、総所得が少なければかかる所得税・住民税も少なくなります。

これが、不動産の節税メリットと言えます。

詳細の説明は、次回行います。

 

pagetop