MENU

所長の熱血ブログ

国税のクレジットカードによる納付について

2017.01.18

平成28年度税制改正において、国税の納付手段の多様化を図る観点から、
国税のクレジットカード納付制度が創設されました。
これに伴って、平成29年1月4日から従来の現金や銀行口座からの納付に加えて、
クレジットカードでの納付が可能になります。

クレジットカード納付を行うことでのメリット・デメリットは次のようなことが挙げられます。

○メリット

・カードの引き落とし日まで支払いを延長できる
・金融機関などに出向く手間がなくなり、事務負担が軽減される
・24時間納付が可能である
・カード会社によっては、クレジットカードのポイントが貯まる

○デメリット

・決済手数料がかかる
・領収証書が発行されない
・1,000万円以上の納付に対応していない
・納税証明書の発行に日数を要する

対応する税目や納付手続き等の詳細につきましては国税庁のHPをご確認ください。
https://www.nta.go.jp/index.htm

pagetop