MENU

所長の熱血ブログ

遺贈か贈与か

2016.11.16

『土地をA(法定相続人)が相続し、売却する。
 その対価となる現金は被相続人の妹(相続人以外)が受け取ること。』
と裁判所で開封された遺言書に書かれていました。

この場合、被相続人の妹の申告はどうなるでしょうか?
 ①法定相続人Aからの贈与として、贈与税の申告
 ②被相続人からの遺贈として、相続税の申告

⇒②被相続人からの遺贈として、相続税の申告になります。
 このケースは「換価分割(相続財産を売却してお金に換え、そのお金を分配する方法)」
に該当し、遺産分割の方法の1つです。
 よって、贈与税の課税が問題になることはありません。

ただし、不動産の換価分割では登記や譲渡所得税の問題が発生し、課税関係が複雑です。
換価分割をされる場合はぜひ税理士にご相談ください。

pagetop