MENU

所長の熱血ブログ

贈与税の計算方法

2012.07.08

贈与税っていいったいどれくらいかかるのでしょうか?

贈与税は受け取った人にかかります。

贈与税の計算は、
まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額を合計します。
その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。
次に、その残りの金額を以下の表にあてはめて税率を乗じて控除額を差し引きます。

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10%
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円

 

(ケース1)
年間で200万円の贈与を受けた場合
200万円―110万円=90万円
90万円を表にあてはめて・・・
90万円×10%=9万円
よって、9万円の贈与税となります。

(ケース2)
年間で400万円の贈与を受けた場合
400万円―110万円=290万円
290万円を表にあてはめて・・・
290万円×15%―10万円=335,000円
よって、335,000円の贈与税となります。(ケース3)
年間で1,000万円の贈与を受けた場合
1,000万円―110万円=890万円
890万円を表にあてはめて・・・
890万円×40%―125万円=231万円
なんと、231万円もの贈与税となります。

なお、贈与とは、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をし、相手方がこれを受諾することによって成立する契約をいいます(民法549)。

 

pagetop