MENU

所長の熱血ブログ

歯科医院の経費《病院・診療所の税務》

2012.09.16

【2012年9月16日】
歯科医院の経費について、注意すべき点をご説明致します。

(1) 預け在庫の棚卸
材料となる金属を技工所で購入し、
技工を加えたうえで歯科医院に納品してもらう場合には、
その歯科医院に納品された完成品のうち
まだ患者に装着されていないものが棚卸となります。

問題となるのは、
材料である金属等を歯科医院で購入したうえで、
その加工を技工所に委託する場合です。
この場合、技工所に渡している金属等で
まだ歯科医院に戻ってきていないものは、
歯科医院の棚卸となります

(2) 措置法26条(概算経費率)の適用
社会保険診療報酬の所得計算の特例と言われるもので、
年間の社会保険診療報酬が5000万円以下の場合に限り適用することができます。
一般的には実際の経費よりも、
この概算経費率の表にあてはめたほうが経費が大きくなり、
場合によっては年間で税額が1000万円以上安くなることもあります

この制度では、
自費売り上げのみに係る経費が明確に区分できると、
その分多くの経費を計上することができますので、
材料費・技工料等については保険診療に対応する部分と
自費診療に対応する部分とを明確に区分する必要があります。
また、インプラントや矯正等は
特殊な機材や材料や技工となり区分しやすいですので、見逃さないようにしましょう。

pagetop