MENU

所長の熱血ブログ

国際税務

2019.01.31

海外不動産による節税③(具体例)

下のグラフは、 築30年の木造住宅(建物の比率は80%)を1億円購入し、6年後に1億円で売却した場合のイメージです。 23年を経過した物件を購入した場合、 償却年数は22年に20%を乗じて、小数点以下[…続きを読む]

2019.01.24

海外不動産による節税②(詳細)

日本の不動産価値に占める土地と建物の評価比率は、 土地:建物=8:2 アメリカを例とすると、土地と建物の評価比率は、 土地:建物=2:8 と言われています。 このように、海外では建物価値の方が高く評価[…続きを読む]

2019.01.17

海外不動産による節税①(概要)

不動産投資の効果の一つとして、減価償却の活用による節税が挙げられます。 これは、海外の建物は日本の建物よりもマーケット価格が下がりにくいことと、 日本の所得税法上、不動産収入の所得よりも不動産譲渡の所[…続きを読む]

2013.05.06

シンガポールの税務調査と加算税《国際税務》

法人税率の低いことで有名なシンガポール。 今回はシンガポールの税務調査と加算税(罰金)についてご説明致します。 シンガポールの税務調査には、 机上調査、実地調査、査察調査があります。 法人・個人所得税[…続きを読む]

2013.03.17

『過大支払利子税制』がスタートします。ヽ(^o^)丿《国際税務》

【2013年3月17日】平成25年4月1日以後開始事業年度から『過大支払利子税制』が適用されます。 この制度は、『海外の関連会社に支払う「純支払利子等」のうち「調整所得金額」の50%を超える部分の金額[…続きを読む]

2012.10.25

移転価格税制のユニラテラルAPA、バイラテラルAPAとは?《国際税務》

【2012年10月25日】移転価格税制の事前確認には、ユニラテラルAPAとバイラテラルAPAとマルチラテラルAPAとがあります。 なお、APAとは、Advance Pricing Agreement […続きを読む]

2012.10.21

移転価格事務運営要領とは?《国際税務》

【2012年10月21日】移転価格事務運営要領とは、1986年に制定された移転価格税制の執行に関して、国税庁が事務運営の指針を整備し、移転価格税制の適正で円滑な執行を図るために2001年6月1日に制定[…続きを読む]

2012.10.20

移転価格税制における相殺取引《国際税務》

【2012年10月20日】移転価格税制における国外関連者間の相殺に対する考え方についてご説明します。 国外関連者との取引において、お互いに相殺している取引がある場合においても、その取引を分解し、それぞ[…続きを読む]

2012.10.19

Out-In-Out取引の移転価格税制における独立企業間価格《国際税務》

【2012年10月19日】Out-In-Out取引における移転価格税制上の独立企業間価格の算定方法についてご説明します。 そもそもOut-In-Out取引とは、例えば、日本法人が材料を調達し、それを海[…続きを読む]

2012.10.15

移転価格税制におけるロケーション・セービングとは?《国際税務》

【2012年10月15日】移転価格税制におけるロケーション・セービングとは、地理的市場に帰せられるコストに係る差異をいい、賃金水準、設備費等を主たる原因とするロケーション(所在地)の違いに基づく物価水[…続きを読む]

pagetop